すきなものをすきなだけ

ときめいたときの感情をそのままに

2020年観劇きろく

2021年も半分を過ぎ去ったのにいまさらだが2019年の見返した時これ覚書にいいなって思ったので今更書く。

 

2020ねん

 

1/8〜1/19

宇宙戦艦ティラミスⅡ』〜蟹・自分でむけますか〜

@品川クラブeX

○そもそも観に行きたいなと思ってたらノブちゃんが体調不良で代役がれおちゃんという展開が起こったので行くしかねえとなんとかチケをとった。前説で普通にキャストが出てきたり兼ね役が多すぎて多分何人か認識できてない、本役がどれだったのかわかってない人もいる。ただすげえディビジョンラップバトルが始まったしどえらい隣の劇場(ステラボール)の作品(文ステだった気がする)を揶揄しててめちゃめちゃ笑った。ノブチャンが復帰した後も観に行きたかったけどスケジュールが合わず断念。某体毛役はノブチャンが兼ねてたらしくてそれは観たかった(?)

 

1/10〜1/19

おとぎ裁判第二審 

戦慄の誘拐パレード ビックマウスにご用心

@CBGKシブゲキ!!

○第一審にゲストで出てたことはふんわりしってたけど、今回は特にゲストとかないんだなって思ってたらゲストだった。でるんかい。当引みたいな感じだったので当日まで席不明だったけどめちゃ観やすい席だった。第一審がちょうど配信してたので予習して行った。ルンルンでトーチをレンタルして挑んだ。ゲストはアフトだからと気を抜いてたら冒頭朗読で出てきてひっくり返った。よかった。ハーメルンの笛吹が裁判にかけられる話、本当にすまんけどあたまがわるいから話が前後すると記憶に無さすぎてしんだ。1回の観劇じゃちょっと覚えられない物量をぶつけられた気がする。何はともあれアベルの歌がうまくて上手い。あと劇中に立たされて流石にびっくりした。ゲストは相変わらず独創的なファッションを褒められてた(?)

 

 

1/18〜3/1

MANKAI STAGE 「A3!」〜AUTUMN 2020〜

@品川ステラボール/アイプラザ豊橋/AiiA 2.5 Theater Kobe

○やってきました秋単独。夏単独で散々悲惨な目にあったステラボールにご帰宅。初日一生綴くんが首チョンパでしんだ。知り合いは墓場を見つけてた。豊橋では無事に通算200公演を迎え、カテコで大泣きした。ついでに豊橋でドン引くほど酔っ払い、めちゃめちゃに怒られた。なお、春単夏単で懲りたので秋単はめざせ風邪ひかない公演期間を心がけてたら後半まさかのコロナ騒動でなんかすごく噛み合ってた。秋組第2回公演、第3回公演。秋組の母と父が過去に囚われて、ひとりで抱え込むはなし。A3の子達はみーんな1人で抱え込む!仲間をしんじてよ!秋組の不器用にもストレートにそれぞれが想いをぶつけてく感じ、漢ってかんじで最高でした。なお私はオペラ使わないままいたら神戸の中盤まで定点してるアンサンブル綴くんじゃなかった。あほである。気づいた時多分すごい馬鹿みたいな顔してたと思う。チンピラは劇中も、劇中劇もいい下っ端感あってすきだった。千秋楽は私も墓に沈んだ。つーか無事に千穐楽まで完走してくれたの本当に感謝。

 

 

2/26〜3/2

Asterism vol,06『DOUBT』

@TACCS1179

○友達が行ってて、「すごいおもしろい!」とリピートしてたのでなんとかなんとか観に行った。ていうかよく秋単千穐楽後有給取って行ったなって思う。とりあえずリピートしたくなることも踏まえてマチネに行った。んだけど、情報量が多すぎて処理出来なさすぎてソワレ無理だった。あれを処理するのは一晩必要。千穐楽日に行った私が負け。もう一回観たかった。伏線に次ぐ伏線、意味深な衣装、意味深な暗転、情報の少ないセリフ。どれもが目が離せなくて、終演後長いため息が出る。たまたまトレブロお渡しが樋口さんと怜央ちゃんだったので結構いろいろ話させていただいて、貴重な時間だった。またこんな舞台みたい。

 

 

8/16〜8/22

MANKAI STAGE 「A3!」〜WINTER 2020.08〜

@銀河劇場

○長い自粛期間と数ある公演中止、延期を経てなんとか上演された。いろいろ手探りで不自由がたくさんある中幕が開いたことも嬉しかったし、きっとそんなつもりで作詞してないと思うけど、「トラブルさえ味方に」って歌詞がジャストミートすぎてOPでボロ泣きしてた。配信もしてくれて手厚すぎて大感謝だった。綴くんはなぜかMr.ツッコミくんとして、出演しているにも関わらずパネルとなり、二幕明け唖然とすることとなる。有栖川誉はストレートに悩んでるけど、なぜか周りが事態を複雑にしているケがあるよね、冬組は不器用が多い。第三回公演は冬組の中にあった「大人」の壁がなくなった瞬間がゆるやかに訪れるのが、朝日とともに感じられてなかなかよい。つーか劇中劇の衣装がどっちもサイコーで好き。有栖川誉の足は5mある。

 

 

8/26〜8/30

GEKIIKE本公演第11回「HIT LIST」

@スペース・ゼロ

○GEKIIKEさん普通に好きなんだと思う。友達も行くといってたのでわたしもーと当日券で。お祭りごちゃ混ぜパーティー!って感じの、深く考えないでいい舞台。言われるがままペンライトを振ってた。アイドルなれおちゃんかわいい。キャストのみなさんウタウマすぎてちょい歌いでもおおっとなる。

 

 

9/17〜9/22

MANKAI STAGE 「A3!」 Four Seasons LIVE 2020

@東京ガーデンシアター

○エーライなのかフォーライなのか略称戦争は終焉を迎えないままである。これもよく開催できたなってレベルだけど本当に全公演できて本当によかった。全キャスト集結は圧巻だったし、エーステ「らしさ」のあるライブだった。あのデカイ箱で「世界に一つだけの物語」を観れるのはなんかもうすごかった(語彙力)し、また観れたことに感動した。毎日キャストが終演後投稿してくれる画像にやいのやいの言ってたら、ある日上がったフォーマル衣装をみてその空間にいた私以外全員が「今回フォーマル衣装で出てこないからこの画像は昔のだ」と言い始め大戦争が起こった。何故正解が少数派になるんだよ、お前たちの記憶どうなってるんだ!って珍しく立場逆転して暴れた。綴くんのシンドバットは赤ちゃんだった。

 

 

10/2〜10/11

HYPNOSISMIC -DIVISION RAP BATTLE-
RULE THE STAGE -track.3-

@TOKYO DOME CITY HALL

○track2がスケジュール的にあまりにも無理で行けなかった。でも行けるならtrack3も行く。ちゃんとちけはつをしている。ヒプステは楽しいとの評判を聞いたダチたちがこぞって行き、こぞってリセールでチケを増やしていた。ヒプステは楽しい。オリジナルディビジョンがないと思ったけどちゃんといた。し、爆発的な糸の会入信希望に運営ちゃんが1番びっくりしていると思う。でもほんとに糸の会のライティングめっちゃ好きだった。荒牧大先生がすごいってここで改めて思った。そういえば知り合いが股間ビーム撃たれてて死ぬほど笑った。

 

 

10/21〜10/25

アイ★チュウ ザ・ステージ〜Après la pluie~

@Brillia HALL

○怜次くんのダンスって、好きなんですよね。かっこいいれ〜じくんみたいよってまりさんにおねだりしたらおすすめされたので楽しみに行った。ほんとにれ〜じくんのダンスかっこよかった。あっち向いてホイは弱かった。特別公演?というのだったので大隠し芸大会的なものが開催された気がする(多分違う)

 

 

11/19〜11/29

RICE on STAGE「ラブ米」~Rice will come again~

@品川クラブeX

○とうとう「推してない時から続いている作品」の続編が来てしまった。完全にアウェイ、過去作を履修しても、先輩グルメに知恵をもらっても埋められない歴と経験がそこには存在する。いかに郷に従えるか、馴染めるかをクソほど気にしていた。チケ発がチケプラで普通に難しかったし電チケ本当に大変だって思った。人生で初めてファンサについて病んだけど1公演だけ悩んで次の公演で思考の軌道修正に成功した。公演は本当に楽しくって、というか過去作みても今作みても本当に「意味のわからん舞台」だなって思う。初日まさか品川クラブeXでレミゼを浴びれるなんて思わないもんね。おかげで円盤化されないんですけど(本当の理由は知らんけど)。幕開け前に事件が起こったのもあって公演期間中感情がぶっ壊れてたりして最後の週末はまじで情緒がヤバかった。千穐楽まで全公演走りきったのは本当に運が良かったと思うしキセキだと思う。ラブ米のすごいところは不幸な人が誰も出ないところ。最後はみーんなまとめて炊かれて笑顔になる。人生で初めてうちわもつくって毎日とっても楽しかった。ササニシキ事件は全てが終わった後に最高のメモリーとなった。

 

 

11/27〜12/6

舞台「SERVAMP-サーヴァンプ-

@スペース・ゼロ

○れおちゃんが出てる。前情報なさすぎてソワソワ観に行ったけど普通によかった。てか単純に上遠野くんと鷲尾くんがぶっちぎってて良。でした。ただれおちゃんは3シーンくらいしか出てこなかった。お、これから出番か?と思ったらカーテンコールだった。かなしんだ。続編があったらきっと出番がある。はず。

 

 

11/28〜12/5

ワーキング・ステージ「ビジネスライクプレイ」

@新宿FACE

○暇なさすぎてサーヴァンプからのはしごした。やっぱ芸人さんってテンポ感が上手だなあって、去年のなだぎさんにも思った気がする。間の取り方とかが絶妙でついつい笑っちゃう。エンディングのダンス普通に難しいのにさも当然みんな踊れるよね顔でされて盛大に戸惑ったし両隣完璧に踊ってて死。

 

 

12/12〜19

おとぎ裁判 第3審〜魔法の豆はマネーまみれ 君のハートをジャックする♪〜

@紀伊國屋サザンシアター

不定期出演、いつ出るかわかりません!はいチケ発です!というとんでも予告だけされたとんでも出演。最悪なことに誕生日を含むせいでうんうん言いながらチケ発してた。後日発表された出演日をみて初日も千秋楽も出ないのか…てなった…。ということで音声出演日も観に行ったんだけど、大変失礼な話かもしれないけどゲストいる日といない日で受け取り方全然変わらない?ついでにいうと音声出演のいろいろに思うところめちゃめちゃあったけどまあ…そうか…となっていた。影絵の演出もすごい素敵だったけどだったら!という気持ちがついてまわってた。とはいえお誕生日公演は嬉しかったし、スペシャルメドレーは最高にGo to hellしてた。

 

12/28〜31

チャオ!明治座祭10周年記念特別公演『忠臣蔵討入・る祭』

@明治座

○2020年いちばんびっくりした出演だったかも、キャスト発表の放送見てた友達から半泣きで電話きた。すんごいおめでとうって言ってくれて嬉しかった〜!いろいろ情報もらいながらせこせこ準備してた(おもにうちわ)ダブルキャストで、しかも出演が後半日程だったけども2部は出るという謎スケのおかげで物語全体を見れるという機会が4公演分あったので、こりゃ〜助かる!と思ってたのは甘い考えだった。忠臣蔵という物語の勉強をもっとすべきだった。あまりにも切なく悲しく熱い物語すぎて、初日2公演終わった段階で「もう観れない…」ってなってた。良すぎて、悲しすぎて。共感性がとても強いので泣いてる人がいれば大抵泣くんですけど(頭悪)、信子の気持ちを考えるとつらくて、じゃぶじゃぶないてた。信子の真っ直ぐな気持ちの強さと愛の深さに本当に感動してた。お陰で毎公演2幕終わり頭痛すぎてぐったりしてた。ついでに2部のテンション差に風邪引くかと思った(???)これがるひまか…って愕然として初日すんごい疲れた…。なんとか2日目で慣れたかも?と思ったけど次の日からダブルキャスト交代で推しが明治座でお芝居してるの見た瞬間滝のように泣いてたからもうダメだなってなってた。なんかも〜〜〜すごかったな、ご時世的にカウントダウンできず、あまり伸ばすこともできずだったのでるひま洗礼はそこまでなかったけどそれでも紫吹淳様はトンデモゲストだった。推しが出てもいないテニスパロに駆り出されるのめちゃ笑ったし諸事情で当初の予定と変更になったのほんとに頭抱えた。うちわも作ってよかったーって瞬間もあって年末濃厚な4日間でした…ほんとうにすごかった。お疲れ様でした。

 

 

冒頭で「2021年も半分」っていってるけどもうすでに2021年もあと2ヶ月ちょいとなっている。あまりにもちまちま書きすぎた。とはいえ良い思い出しになったなあ今のうちから今年の分は着手しようと思う。2020年はコロナで3ヶ月ほど無の期間があったけど、そこからは持ち直したかのようになんだかんだ現場があって。一度幕が開いた現場は途中で中断することなく幕を閉じてくれたのは本当に運が良かったんだろうなと思うばかり。コロナ影響で電チケが主流になり、チケ発の仕方だったりが大きく変化したなあという印象。電チケは2019年から片鱗あったけども。ありがとうヒプノシスマイク。いろんな作品を見れば見るほど涙腺がやばくなるし、加齢を感じてきた。つらい。知り合い(笑)に立ち位置ヤクザがいるんだけど2020年立ち位置の大切さを学んだ結果ヤクザほどじゃないけど考えるようになった。ラブ米とかはすっごい入る席に悩んだりしたけど全部楽しくって全部幸せだった。2020年もとっても恵まれていたし、だいすきが増した日々だった。

やっぱり2020年もたくさんの人たちに支えられて元気におたくができていたし、たくさんの素敵な出会いがあって、大切な人がふえました。

いつもお世話になっているみなさん、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

2021年版は22年になってすぐに投稿できたらいいな。

とりあえず、2020年お疲れ様でした。

 

 

たぶん何もないと思うけどなにかあれば

https://marshmallow-qa.com/m177y?utm_medium=url_text&utm_source=promotion

 

 

2019年観劇きろく

2019ねん

 

1/31〜3/24

MANKAI STAGE「A3!」〜AUTUMN&WINTER2019〜

@青年館/梅田芸術劇場/銀河劇場

○2019年ベストオブ人生が狂った何かだった…俺たちの狂気はここからはじまった(多分違う)東京初日は1階席に春夏の花が降らなかったのに後半1階席にも降ったことにわりと怒ってた。

マイポートレートを模写する日々だった。

何故だか青年館の写真はない。

そしてチケットを持たずに新幹線に乗り、新幹線の中で交換を決めた大阪弾丸観劇をした。

ひどい巻き込まれ事故だった。

秋組劇中劇のヤクザどもが椋以外誰だか一生わからず教えてもらっていた。

後半に連れて増える冬組のアドリブが大好きであった。

丞と紬のストリートアクトのシーンが毎公演違うのをびりびりと感じながら、誉さんの足の長さとダンスに爆沸きしていた秋冬公演だった。

万里のステショをたくさん交換して集め、献上するなどした。

 

4/3~4/7

比翼の人

@テアトルBONBON

〇大天使あかりちゃんが出演ということでなんとか行きました。

あらすじもなにも見ずに行ったらまさかの人が死ぬ話でめちゃめちゃ動揺した。

人間認識力と記憶力がゴミなので双子が2組登場人物に存在した段階で人物を判断することをあきらめた。あかりちゃんかわいい。

我らが大天使あかりちゃんは主軸のキャラじゃないんだけどさばさばしてて、スッと道しるべをだしてくれるいいおねえさん。結婚報告もスッとしてて一瞬ついていけなくなる。舞台のはなしです。

後半になって遅れてきた一つ前の席の方が190cmはあろうかというビックサイズだったため、しっかり傾斜がついている座席だったのに舞台半分見えなくなった。運が悪いとしかいいようがない。あかりちゃんの立ち位置がほぼ上手によってて本当によかった。

 

4/12〜21

僕のヒーローアカデミア The "Uitra" Stage

@銀河劇場

○衝動的に行きたくなってキャン待ちをした。知ってるキャストぼちぼちいるし、原作リアタイだしええやろくらいの軽い気持ちで行ったところあまりにも「忙しい人のためのヒロアカ」だった。

原作知ってるからまあ端折ったところわかるけど、けど!となった。

なぜか生着替えシーンがあるのに北村諒のパンツ姿は拝めなかった。

なんでだよ!(なんでだよ)

だがひたむきな少年たちの姿は胸が熱くなった。ジャンプ作品はもれなく胸がほっこりする。

ただなぜ最後客降りがあったのかは謎。

 

4/25〜6/2

MANKAI STAGE「A3!」〜SPRING2019〜

@銀河劇場/メルパルクホール/長岡市立劇場

○最高にハッピーではっぴーでHAPPYな日々を過ごした。

ぜんまいにも皆木綴にも思い入れが深すぎて入った全公演泣いたのは自分でもびっくりした。

水野のちょい後ろの席で入った時はどっちをみたらいいかわからなかったけど水野が水野すぎて天才だった。そして泣いた。

MANMANがだいすきすぎて永遠に麺類から離れられなかった。2人で坦々麺を何度食べただろうか。

そして2人仲良く時差で風邪を引きしぬほどシンドイ観劇ライフを送っていた。体調管理は大事だと思った。

大阪はまたチケットがないまま行き、2人して当日券を当てるなどした。

視力がゴミなので千秋楽でやっとキャストの汗を認識した。

春組らしさを探す物語。

がむしゃらにやった旗揚げ公演から一歩成長するために、4組そろったからこその個性を出そうとするが故に迷い空振り悩む春組。

無理をして背伸びをするより、等身大で寄り添うだけで通じ合える。

わがままを言えないからこそ1人で悩んで、周りもどう支えたらいいかわからず悩む。

お互いがお互いを大切に思ってるからこそ悩む。ほんとの家族がそこには、たしかにいて。

一五一会で愛しそうに微笑み合う春組にずーっとこころがあったかさんかくしてた。

チケットがない中こんなにもいかせてくれた知り合い(笑)には感謝してもし足りないというかどう考えてもあと10年くらいは奴隷なので宝くじ当てたいです。

 

4/27〜5/6

ハイパープロジェクション演劇ハイキュー!! "東京の陣"

@TDC

○春単で頭がパーの中行ったためあまり記憶がない。サンバのリズムと赤緑黄色の原色、ヘビのディビジョンラップバトルがあったことだけ覚えている(事実とは異なります)

ヘビのダンスがかっこよかった。

まだ烏野の幻影に囚われてたともいう。

 

5/7〜5/13

舞台黒子のバスケ ULTIMATE-BLAZE

@青年館

○春単中にかろうじて観にいけた。はじめて青年館の2階に座り、高さに慄いた。

下調べをしなかったため3幕編成であることにびっくりした。かなりじっくり作ってあって3幕あってよかった、けつが死ぬかと思った。

黒バスは青春なので、おまえだったのか、のシーンでズタボロに泣いた。ライティングが最高だった。

キセキの世代がそろってる姿が本当に圧巻だったけどカテコで鮎川くんが「むろちんいなくて寂しい」って言ってていとしみを感じた。

 

6/5〜6/9

BOYS☆TALK

@全労災ホール スペース・ゼロ

○舞台のくくりなのかちょっとあやしいけどおそらく舞台。

1日だけ見るもんじゃない気がしたけど普通にげらげらわらったので楽しかった。

キャラ設定をしっかり読み込んでいったのにその要素はどこかへいってしまった気がする。

前川優希だけ見えない壁に阻まれる姿、めちゃめちゃすきだった。

近藤頌利が仕切り上手だったように感じる。

宇佐くんを夏単前にしれるチャンスと思って割と注目してたけど、人となりが知れるほど出張らなかったため撃沈した。

 

6/5〜6/16

Reading♥︎Stage「百合と薔薇」

@品川クラブex

○クラブEXの椅子がきちきちすぎて朗読劇どころではなかった。あんなにしきつめないでくれ!私が痩せろ!

衣装がシャツ統一だったんだけど、それぞれにバリエーションがあって顔認識度ゼロのやつに優しいと思った。顔がいい男は黒シャツだけで妖艶である。

なだぎさんが安定感あるしアドリブあるしにこにこした。聞き取れない単語もそうなかったような気がする。なにはともあれ隣席との距離が近すぎて全然集中できなかった。でもクラブEXでやる理由はわかった。ただお願いだから椅子は離してくれ!

 

7/20〜7/28

男劇団 青山表参道X 第2回公演
ENDLESS REPEATERS –エンドレスリピーターズ–

@品川クラブex

○クラブEXのトラウマがありあまりにも不安だったけど百合薔薇ほど近くはなかったので安心しました。

ただ夢だったソファー席は直角すぎて腰が死んだ。わたしには合わなかったようです( ᵕ_ᵕ̩̩ )

キャストがほぼ舞台からはけないままエンディングまで走り抜ける。

不慮の事故に備えて演出がちゃんとあったのも危機管理能力がしっかりしてると感じた。にしても空調もう少しどうにかならんのか。

チームごとに(というよりはドッグの?)ラストの演出が違うのが奥深みを感じた。これはリピーターしたくなるなあと思う。

考察を読むのもたのしかった。

 

7/26〜8/12

GEKIIKE本公演第10回

光芒のマスカレード -月光仮面異聞-

@新宿村ライブ

○なんとはじめて応援上演がある舞台に行きました。調べずチケ取ったら偶然該当回だっただけなんだけど。慌ててドンキでサイリウムを買うのはあまりにもギャグだった。

月光仮面新月仮面という光と闇のヒーローが善とは何か悪とは何かを問う物語。

それぞれのバックボーンと信じるものと人のつながりが複雑に絡み合うお話で、結構考えさせられる舞台だった。

なんだけどエンディングでいつも頭ぱーになっててちゃんと物語を咀嚼できなかったなって反省。

 

8/8〜9/29

MANKAI STAGE「A3!」〜SUMMER2019〜

@品川ステラボール/神戸AiiAシアター/名古屋公会堂/長岡市立劇場

○おたくとして舞台いく上でめちゃめちゃたのしい舞台だってことがわかった夏単期間。そして永遠に見切れ席ばかり座ってた。

舞台が見えないことがこんなにストレスになるとも思わなかったけど一生楽しいしか言ってなかった。

ほぼ1人で行ってたのに行けば誰かに会えるし会うしで不思議な感じだった。

限界スケジュールすぎて体調崩したのは本当に反省しないといけなかった。

秋単では無理なスケジュールを立てない。

支える、寄りかかるが夏組のテーマ。

平均年齢が低いのに大人びた子の多い夏組、それぞれが頼りなれてなくて、支えなれてない。

それをみんなで解決しようと、周りに助けを求めながら夏組全員で支えて見守っていく。

夏組がみんなみんな素晴らしかったし、皆木綴の夏服が好きすぎてすきだった。

さんかくファンタジーが一生たのしかった…あれを見ながらそういえば春単は劇団員総出のナンバーなかったな…って思ってた。たのしいから秋単はある方向でお願いできないだろうか…。

そろそろステラボールで腰か首をやられそうだな…と思いながら千秋楽冬単もステラボール使うってみて涙を流した(嘘)

 

9/26~9/29

Dear my パパ

@中野ザ・ポケット

〇キャストに対してキャパが圧倒的不釣り合いだったやつ。

演出がわたしの知見を超えるあれだった。あのヘッドライトめちゃめちゃ感動したな~小劇場ならではって感じした。ステラボールではできないもんね、できんのか?

小劇場だから当たり前なんだけど結構せまいステージで踊るわ跳ねるわアクションするわで普通にお怪我をされないか心配な気持ちになってましたがみなさんプロの方なので余計なお世話です。

記憶力がゴミなので役名を失念したんですが、マキチャンの役、ある意味誰よりも責任を重く感じていて、でもそれを自分では背負い切れないからこそ逃げるっていう手段に行き着いた、1番現実と向き合っている子だなって印象。あの…大家さんも視野が広いと思いきや人情深いところがあって、出てくるみんながみんな人間臭くておもしろい。

藤田のれ〜さんは稽古期間クソ短いのにとにかくすごい。

なんか真澄してるマキチャンしか知らなかったから、くるくる変わる表情に新鮮味を感じた。

それぞれの家族観によって受け取り方も変わるお話だなあ。それもおもしろい。

 

9/5〜9/23

梅棒EXTRAシリーズ「ウチの親父が最強」

@博品館

○「観たほうがいい!」と言われて当日券で行った( ˘ω˘ )最高だった。

冒頭の前説?以外セリフが一切なくて、バックに流れる曲の歌詞がストーリーにマッチしてるって感じの舞台。

まずダンスがうまい(そりゃそう)音ハメがそりゃもうどんぴしゃだしダンスの専門知識とかはないけどなんかすごい。

個人的には女性キャストがそりゃもうよくて。

永洞奏瑠美ちゃんも横山結衣ちゃんもキレがえげつなかった。

セリフがなくても、なんならかなり後列でみたから表情もそこまで見えなかったのに、こんなに伝わるものがあるのか、って衝撃だった。

ダンスの奥深さに触れた瞬間だったなあ。

またタイミング合えば観にいきたいです。

そしてコンボイ観に行きたい気持ちが高まったけど一向にスケジュールが合いません泣いた。

 

11/15〜12/1

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-Rule the Stage –track.1-

@品川ステラボール

○なぜかぼくはステラボールにいた。

最初はつつましく青のリングライトをたったひとつ指につけてただけだったのに、2回目には緑が指に3つ付いてNのハンドサインをしていた。

なによりも堂庵和聖の顔面がすきですきですきですきですきだった。あれは惚れる。一生リアコ。まあ顔が好みだってことはビジュアルでた段階で言ってた。生きてるのみたらどう考えても優勝でしたしゅきぴ。

2019年なにが正しくてなにが悪なのかってテーマの作品見過ぎでは?って感じだけどヒプステもそんな感じ。

堂庵の身に起きたこと、環境を考えると彼のしたことは間違っているかもしれないけど、その時の彼にはそうして前に進むことしか出来なかったんだと。「俺は強くなったんだ」ってセリフがなかなか胸を打つ。堂庵の気持ちを考えて辛すぎて千秋楽泣いた。

あとはともかく銃兎のスーツ姿がえっち。スーツから肩甲骨浮くってなによ?美尻を眺める時間たのしかったねえ。

2部はもうど➰あんしか勝たんっ!

 

12/4〜12/8

ブシプロ第3回公演 BURAI2

@あうるすぽっと

○こればっかりはそれぞれ好みがあるだろうけどめちゃめちゃ好きなタイプの舞台だった。

そもそもコメディ大好きアドリブ大好き日替わり大好き人間なんで、そりゃあもう毎日サイコーにたのしかった。

"2"と銘打つ以上は"1"のネタも挟んでくるのかなあ前作の勉強しなくちゃダメかなあと不安になりながら行ったけど、思ったより前作をいい意味で引きずらないというか、まあ前作から出てるの3人しかいなかったのもあってか、そこまでくどくなくて良かったなって。

これもまた「正義」とはなんぞやってテーマ。

わたしは2019年どんだけ善悪について考えることを求められるんだ。

いやまあそんな考えてないけども。

ひたすらに純粋な正義を求める者、正義を捨ててしまった者、歪んだ正義を持つ者、信じた正義に裏切られた者、揺るがない正義を持ってまわりをそっと導く者。

登場人物の数だけ正義があって、何が正しいかはそれぞれで違う。

誰に寄り添ってみるかで感じ方もかわる。

テーマを考えるとちょっと重めでシリアスな話だけど、個性的なキャラクターが物語を軽快にさっぱり進めてくれるから2時間休憩なしでもわりとサクッと観れる。あくまでわたしは。

なによりもアクションが緩急のアクセントになってたなあ。

かなり入り乱れ乱戦してるからほんとにどこみたらええねん感は否めないけど、前列で観ても臨場感のある立ち回りはずっとわくわくしてた。

1回くらい引きで観るべきだったかもしないでもないけど視力ゴミなんで円盤でみます。

コメディ大好き、アドリブ大好き、日替わりネタ大好物のわたしはこの舞台めちゃめちゃ相性がよかったので千秋楽終わるのが悲しすぎて大泣きした。

観劇も終わった後の飲みもぜんぶぜんぶ楽しい時間だった。

みなさまおつかれ、ありがとう!

 

12/6〜12/15

ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!! "飛翔"

@青年館

○ユース合宿編、新キャストどうこう置いといてめちゃめちゃめちゃめちゃ好きな話しなのでちゃんとチケ取りしたのに一生日程合わなかった。

東京、凱旋と2公演ずつくらい入るような気持ちでいたはずなのに結局入れたのは大千秋楽というオチ。むしろ千秋楽はいれてよかったほんとにいけないかと思った。

新キャストはまあ置いといて叶香が可愛すぎてニコニコしたし侑のおちりがよいおちりでした。

個人的には「バレーボール 排球…」のところが謎に振り付きになったのに不満があるけど。あれ必要???シンプルで十分だったと思ったんだけど。

それにしてもハイキューはキャストが多いからあっちこっち目線が忙しい。

視力がゴミなのですぐみんな見失う。

新キャストのバレーはともかくここ最近佐藤信長をよく見すぎて肩入れがすごい。

バレーボールを愛しているメンズを問答無用でわたしがええやつと思っているのもあって、ノブチャンが白布くんを大好きでいることもよく伝わっているからついつい白布くんみちゃう。

カテコで目を真っ赤にさせているノブチャンみてめちゃめちゃないた。また白布として板の上に立ってほしい。

新キャストはとにかくプレッシャーがすごかったんだろうなって。

初代があまりにも大きすぎてつらくてつらくてしょうがなかったんだろうな…ってのがすごく伝わる挨拶だったな…うん…。

かくいう自分もまだなんかしっくりきてないけど次回作も観に行こうと思いました。

もう春高始まってしまうのか…はやいよ…。

 

 

2019年とりあえずいろいろ舞台観たな…って思って書き始めたけどまあ結構観たな…。とはいえエーステが3作も2019年に詰まってるのがどう考えてもやばい。そりゃ次作で200回公演にもなる。

そういえばニコ生配信でスタスカ魍魎の匣もみたけど現地で観ないとやっぱ観劇って感じしないのでノーカンで。

魍魎の匣はまじで観に行けばよかったと後悔してるのでやはり気になる舞台はちゃんと行こうと思った。コンボイも来年こそ行くぞ。

一年中申し込み当落申し込み当落観劇申し込み当落観劇申し込み当落申し込み当落みたいなスケジュールだった気がする。自名義はいい加減仕事をしてくれ。

たくさんの方々に支えられてここまで楽しいおたくできてますいつもみんなありがとうございます。

2020年もどあたまから秋単がはじまるのか~~~ゴミなのでチケないけどまあ全会場見送り人として存在するからみんな会おうね。おれはトレスぺの主となる。

今年はいい作品たくさん観れたから来年もキャスト関係なくいろんな作品に触れる機会をつくれたらいいな。